« 2005年03月30日 | メイン | 2005年04月08日 »

2005年03月31日

4/3無防備地域をめざす京都市民の会(準備会)結成集会

-主権在民を盾に、村民ぐるみで米軍基地を撤去させた沖縄・読谷村の経験に学ぶ-
4/3無防備地域をめざす京都市民の会(準備会)結成集会

  • 講演: 山内徳信さん
  • 日時: 4月3日(日)午後13:30(13:00開場)

  • 会場: 京都テルサ(近鉄東寺駅東5分、地下鉄九条駅西5分)

  • 参加費: 500円

  • 主催: 無防備地域をめざす京都府連絡会(準備会)

  • 連絡先: 070-5658-4408(石田)


▼無防備地域宣言=一人一人が地域から平和を作り出す運動▼
 無防備地域宣言の条例制定を求める直接請求署名は、東京都荒川区、神奈川県藤沢市で、いずれも法定数の3倍近い署名が集められ、議会での審議が行われます。
 戦争を拒否する町づくりをめざして、昨年4月に大阪市で開始された無防備地域宣言運動は、市民一人一人が地域から平和を作り出す運動として全国に広がっています。
 自衛隊がイラクに派兵され、国内でも改憲の動きが強まる中で、京都においても、この運動を進めていくため、無防備地域をめざす京都市民の会(準備会)を結成します。

▼基地の中に平和の森、文化センターをつくった~山内徳信さんの実践から学ぶ▼
 山内徳信さんは、6期23年半にわたって沖縄・読谷村の村長として、米軍基地返還闘争を闘ってこられました。米軍飛行場の中に運動広場や平和の森、さらには役場の新庁舎や文化センターなどを建設するという闘いを、村ぐるみで取り組んでこられたのです。
 その論拠は憲法の主権在民という思想でした。戦争のない平和な町づくりをめざす私たちを勇気づけるお話を聞きます。

投稿者 全国ネット : 21:54 | 京都市 | トラックバック (0)