« イベント案内・札幌 | メイン | 「地方自治職員研修」4月号に掲載 »

2005年03月01日

北海道新聞に札幌での学習会の記事が掲載

2005年2月28日付北海道新聞朝刊に2/27札幌での学習会の記事が掲載されました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戦争協力しない街に
無防備地域宣言の学習会 札幌

 昨年六月に国会で承認されたジュネーブ条約追加第一議定書に基づき、自治体の「無防備地域宣言」について考える学習会が二十七日、札幌市北区の北海道環境サポートセンターで市民三十人が参加して開かれた。

 市民団体「戦争不参加(無防備)宣言をめざそう市民の会」(谷百合子代表)の主催。東京造形大の前田朗教授(戦争犯罪論)が、宣言の根拠などについて解説した。

 同議定書は、戦闘員や兵器が撤去されるなどの一定条件を満たした地域に対し、紛争当事国が攻撃を加えることは国際法上、戦争犯罪となると規定。戦争に協力しない街づくりで平和を実現しようと、昨年から大阪や東京などの自治体で同宣言の条例化を求める運動が広がっている。
 前田教授は「外交は政府の専権事項だが、地域住民の平和と安全を守るのは自治体の責任」と述べ、議定書でも条例による宣言が可能であることを説明した。さらに「憲法九条を守るため、その理念を街づくりにどう生かすか、市民が一歩前に出て考える必要ある」と訴えた。  (山本忠彦)

投稿者 全国ネット : 2005年03月01日 23:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://peace.cside.to/mt-tb.cgi/26

このリストは、次のエントリーを参照しています: 北海道新聞に札幌での学習会の記事が掲載:

» また訳のわかんないことを言い出す・・・。 from 汝、沈黙するなかれ、北の大地より。
無防備地域:市民グループ、宣言へ勉強会−−札幌で /北海道 あーあ。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月06日 06:14

» 核放棄地帯は日本にとって有効か? from 汝、沈黙するなかれ、北の大地より。
 5日の北海道新聞紙面「核の傘縮小 日本足かせ」を読んで、思わず、考えさせられた [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月06日 06:23

» 「無防備地域」宣言 国防協力を拒否? 21自治体、条例化へ署名運動 from 不細工な不ログ
ジュネーブ条約で有事の際に攻撃が禁じられている「無防備地域」の宣言をするよう地方自治体に求める運動が全国に広がりをみせている。これまでに宣言条例が成立した例はな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月22日 14:31