« 2005年06月13日 | メイン | 2005年06月16日 »

2005年06月14日

7.2前田朗教授講演・学習会-豊中-

7.2前田朗教授講演・学習会

「無防備地域宣言とは何か」
―憲法9条を生かしていく運動を―
=====================================
 ●日時: 7月2日(土)  14:00~17:00
 ●会場: すてっぷ・会議室3A―3B(エトレとよなか6階)
        (阪急宝塚線「豊中」駅南口続きのビル)
 ●資料代: 500円
=====================================
◆‘04年4月、大阪市の直接請求運動を皮切りに、全国各地で「無防備地域宣言条例」を求める住民運動が立ち上がり、広まっています。
 大阪市、枚方市、東京都荒川区、神奈川県藤沢市、兵庫県西宮市では、既に条例制定要求に必要な署名数を大きく上回る有権者の署名を集めきりました。さらに京都市、高槻市、大津市、東京都府中市、そして沖縄でも結成集会や学習会の準備等々、約20の市町村で準備がはじまっています。

◆自衛隊のイラク派兵や憲法(9条)改悪の動きが強まり、日本は戦争をする国へと変わろうとしています。すでに、「国民保護法」の下で自治体ごとに「国民保護計画」作成され、現職の自衛官を交えた「国民保護協議会」作りが進んでおり、住民を巻き込んだ戦時体制作りが狙われています。「国民保護法」は、住民の生命と財産を守るためのものではありません。
 無防備地域宣言運動は、国際法(ジュネーブ 条約第1追加議定書、第59条)を武器に、自分たちの住んでいる地域を無防備=戦争非協力の地域にすることで、戦争を防ごうとする運動です。戦力を持たず交戦権を否定している憲法9条の精神を生かし、真に平和な地域を作っていこうとする新しい住民運動といえます。
 こうした無防備地域宣言運動の今日的意義を、前田 朗教授を東京よりお招きして学習します。

◆条例制定運動にとりくまれた方からの報告も予定しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●前田 朗(まえだ・あきら)さん
 ◇東京造形大学教授。日本民主法律家協会理事。アフガニスタン国際戦犯民衆法廷・イラク国際戦犯民衆法廷共同代表。専攻:戦争犯罪論、刑事人権論。
 ◇主な著書:『戦争犯罪と人権』(明石書店、1998年)、『戦争犯罪論』(青木書店、2000年)、『ジェノサイド論』(青木書店、2002年)、『民衆法廷の思想』(現代人文社、2003年)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主催:平和都市・とよなかを考える会
   イラク市民レジスタンス連帯委員会・北大阪
連絡・お問合せ先: 
   090-1225-1009深田  aurora8aug@yahoo.co.jp
   090-8980-2436山田  toshi-y@kids.email.ne.jp

投稿者 全国ネット : 22:10 | 豊中市 | トラックバック (0)

6/14付「八重山毎日新聞」で、「石垣市長、無防備地域宣言に意欲」と報道

6月14日付「八重山毎日新聞」で、「石垣市長、無防備地域宣言に意欲」と報道されました。
--------------------------------------------------
八重山毎日新聞 2005年6月14日号  1面より抜粋

  市長、無防備地域宣言に意欲/シルバーパス導入 先進地調査し検討


 6月定例石垣市議会は13日から一般質問の日程に入った。初日は大浜哲夫氏(社民)、砂川利勝氏(平成市民の会)、大石行英氏(公明石垣)、仲嶺忠師氏(無会派)の4氏が登壇した。このうち大浜氏がただした「無防備地域宣言」の条例化について大浜長照市長は「強い共感を覚える。4つの条例に合致しており、宣言するにふさわしい地域」と述べ、条例化の明言こそなかったものの、市民の動きを見ながら、関心を持って調査研究する考えを示した。また、大石氏がただしたシルバーパスの導入について久場良淳商工振興課長は「利用者数に不安がある。先進地の現状などを調査研究したい」と述べ、バス会社が独自に実施している「かりゆしパス」の普及を図りながら検討する考えを示した。 

 大浜氏がただした「無防備地域宣言」とは、国際的な武力紛争の際に住民保護を定めた国際条約であるジュネーブ諸条約追加第一議定書の第59条に基づくもの。
 同条には (1)戦闘員や兵器、軍用設備がないこと (2)施設が軍事目的に使用されないこと (3)当局や住民による敵対行為が行われていないこと (4)軍事行動を支援する活動が行われていないことの4つの条件を満たせば、「無防備地域」の宣言が可能で、その地域は攻撃できないと明記されている。
 同宣言の条例化について黒島健総務部長は「八重山圏域は国境に近いことなどから基地のない平和な島を宣言し、実行することの意義を認識している」と述べ、同宣言の条例化に理解を示しながら政府に対しても「適当な当局が無防備地域を宣言できるという国内手続きを進めるべきだ」と政府の対応を促した。
---------以下、省略---------


八重山毎日新聞のWEBサイトは、下記から↓
http://www.y-mainichi.co.jp/news_view.php?tb_article=2005061401

投稿者 全国ネット : 12:32 | 八重山毎日新聞 /| 報道 /| 沖縄 /| 石垣市 | トラックバック (1)