« 6/5付琉球新報に「無防備運動」が掲載されました | メイン | 沖縄TVで6/12無防備学習会が報道されました »

2005年06月10日

6/10付「八重山毎日新聞」に無防備運動が掲載されました

本日、6月10日(金)の「八重山毎日新聞」に無防備運動が掲載されました。
竹富町での「条例制定をめざす準備会」が公表され、さらに運動の輪が広がろうとしています。
----------------------------------------------------------
八重山毎日新聞 2005年6月10日(金)号

「無防備地区宣言」で活動/竹富町の条例制定めざす準備会が発足/西表

 【西表】自治体が、戦争にいっさに協力しないことを宣言し、攻撃を受けないようにする「無防備地域宣言」について理解を深めようと、西表島の住民が今年5月、「竹富町無防備地区宣言条例制定をめざす準備会」(石原昌武代表)を発足させ、月1回の学習会などを行っている。11日には那覇市内で開かれる学習会で取り組みを発表することになった。

 同宣言は、1977(昭和52)年に制定されたジュネーブ条約第一追加議定書が「紛争当事国が無防備地域を攻撃することは、手段のいかんを問わず、禁止する」としているのに基づくもの。自治体などが、その地域に戦闘員などがおらず、軍事施設や軍事行動への支援活動がないことを国内外に宣言・通報する。

 同宣言を行うのに必要な条例制定に向けて、直接請求に必要な署名を集めたり、同宣言について学習したりする活動が全国に広がっている。憲法九条を改正しようという動きが活発になっていることに伴い、日本の戦争に巻き込まれることを懸念する人たちが、こうした取り組みを行っている。

 同準備会は、同宣言について理解を深め、賛同者を広げることを目指している。現在の会員たちは今年1月から学習会を重ね、先月、同準備会を発足させた。「無防備地区宣言をした地域は攻撃されません」などとしたチラシを作成し、1部で配布を始めている。

 石原代表は「条例制定に必要な署名活動に入る前に、同宣言について理解を深め、一緒に活動してくれる人を増やしていきたい」と話している。

■八重山毎日新聞のWebサイト記事
          ↓
http://www.y-mainichi.co.jp/news_view.php?tb_article=2005061007

投稿者 全国ネット : 2005年06月10日 16:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://peace.cside.to/mt-tb.cgi/47