« 7/9付「八重山毎日新聞」に無防備記事が掲載されました | メイン | 7/13付「琉球新報」が7/3シンポジウムを報道 »

2005年07月13日

7/13付「八重山毎日新聞」に無防備地域宣言の記事が掲載

八重山毎日新聞  2005年7月13日(水)
----------------------------------------
   「無防備地域宣言」活動の柱に
   九条の会やえやまが方針

 「九条の会やえやま」は十二日午後、市内で世話人会を開き、無防備地域宣言への取り組みを活動の柱に据えていくことを確認し、終戦記念日の八月十五日に、関連する行動を行うことを決めた。同宣言への郡内での取り組みとしては、西表島の住民が五月に発足させた「竹富町無防備地区宣言条例制定をめざす準備会」(石原昌武代表)に次ぐ具体的な動き。

 同宣言は、ジュネーブ条約第一追加議定書に基づき、その地域に戦闘員などがおらず、軍事施設や軍事行動への支援活動がないことを国内外に宣言・通報して、戦争に巻き込まれるのを避けようというもの。
 同会は今後、同宣言に関する勉強会を重ねることによって、市民への普及・啓発を図っていきたい考え。
 八月十五日の行動については、市側と連携する方向で調整している。

 同会はまた、これまで代表者を置かずに活動してきたスタイルを改め、八人の代表世話人を選んで活動していくひとになった。代表世話人は男女四人ずつで、竹富町や与那国町の住民も含まれている。

投稿者 全国ネット : 2005年07月13日 20:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://peace.cside.to/mt-tb.cgi/62