« 沖縄ネットワーク結成の記事が掲載(11/21沖縄タイムス) | メイン | 国民保護計画素案に意見を »

2005年11月29日

沖縄ネット結成の記事(11/26琉球新報)

 ■2005年11月26日(土) 琉球新報 朝刊より 

   沖縄から基地撤去を
   ネットワーク結成の集い
   -無防備宣言の促進へ-

 「無防備地域宣言・沖縄ネットワーク結成の集い」(主催・同準備会)が二十日、那覇市のてんぶす那覇で行われ、約五十人が参加した。
県内の各自治体で無防備地域宣言の条例制定を促すことを確認し合った。
 「無防備地域宣言」とは、自治体などがその地域に武力がないことを国内外に宣言、通報し、戦争に巻き込まれることを防ごうという取り組み。県内では竹富町の住民が「竹富町無防備平和条例をめざす会」(石原昌武会長)を発足させ、来年三月に署名活動に取り組み、町に対して同宣言の条例化を求める動きがある。
 結成の集いでは「憲法九条の理念を地域から実現させるために無防備地域宣言運動を広げよう」「沖縄から米軍基地と自衛隊基地の撤去を要求する」などを盛り込んだ趣意書、会則が確認された。
 準備を進めてきた西岡信之さんは、結成に向けたこれまでの取り組みを紹介しながら「八重山での無防備地域宣言運動を全面的に支援する」「国民保護法による住民の戦時意識の浸透に反対し、無防備地域宣言を対案として広げる」など今後の活動方針を述べた。

投稿者 全国ネット : 2005年11月29日 19:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://peace.cside.to/mt-tb.cgi/77

このリストは、次のエントリーを参照しています: 沖縄ネット結成の記事(11/26琉球新報):

» 無防備地域宣言運動の正体 from 沖縄選挙の表裏【うちなんちゅなら選挙に行こう!】
日本法務省外局公安調査庁、通称公安から、認定されました。「平成18年「内外情勢の回顧と展望」より第3 平成17年の国内情勢  3 共産党・過激派等 〈 沖縄を始... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月20日 12:20