« 沖縄ネットワーク結成の記事が掲載(11/21八重山毎日新聞) | メイン | 沖縄ネット結成の記事(11/26琉球新報) »

2005年11月24日

沖縄ネットワーク結成の記事が掲載(11/21沖縄タイムス)

 ■2005年11月21日(月)  沖縄タイムス 夕刊から 

「非武の島」実現へ
  -無防備宣言沖縄ネット結成-

 戦争非協力を宣言することで地域が戦争に巻き込まれるのを防ぐ無防備地域宣言の「沖縄ネットワーク」結成集会が二十日、那覇市で開かれた。政府が進める国民保護法の理念に対し、住民本位の平和な地域づくりの普及と実現を目指し、県内の自治体での条例制定の動きを支援する。
 同宣言は日本も批准したジュネーブ条約追加第一議定書に定められた手続き。戦闘員がいないなどの条件を満たして宣言した地域への攻撃が禁止される国際ルールで、全国で条例化に向けた運動が高まっているが、条例が成立した例はない。
 沖縄ネットは、昨年から学習会などを続けてきた準備会を母体に結成。約五十人が参加したこの日の集会では、来年三月に条例制定に向けた署名を始める竹富町の住民団体の支援も確認した。
 無防備地域宣言・全国ネットワークの矢野秀喜さんは「改憲や国民保護法の制定が進むこの時期に、沖縄で本格的な運動が始まるのは全国的にも大きな力」とあいさつ。
 同ネット呼び掛け人の一人で、平和憲法・地方自治問題研究所長の山内徳信さんは講演で、「辺野古沿岸部へ基地が移設されれば、沖縄はアジア最強の基地となり、周辺国の恐怖の対象になる」と延べ、「非武の島」の実現を訴えた。

投稿者 全国ネット : 2005年11月24日 18:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://peace.cside.to/mt-tb.cgi/76