« 2006年01月22日 | メイン | 2006年03月28日 »

2006年01月27日

竹富町平和条例が新聞に掲載

2006年1月25日(水) 八重山日報

無防備地域宣言「先駆的」
来月から署名活動
大盛町長、共感します

 竹富町無防備平和条例をめざす会の石原昌武代表らメンバー三人が、二十四日、町役場を訪れ、大盛町長に条例制定に向けた協力を要請した。大盛町長は「皆さんの運動は大変意義がある。先駆的な取り組みだと認識している」と述べ、同会の運動に共感を示した。
 ただ、条例制定に向けた議会対策について「わたしが(議会に)提案する重要案件は、ことごとく否決されており、ジレンマを感じている。今の状況ではかなり厳しいものがある」とも述べた。
 同会は、ジュネーブ条約による「無防備地域宣言」を盛り込んだ「町平和条例」の制定を計画。三月二十七日に条例制定の請求代表者証明書の交付を受け、同月二十八日から一カ月間、署名運動を展開するという。議会は六月下旬を見込んでいる。
 有権者の五十分の一の署名を得れば、条例案を議会に諮ることができる。
 無防備地域宣言の条例化を目指す運動は全国各地で展開されているが、議会で可決された例はない。
 竹富町で署名が法定数に達した場合でも、議会対策が大きな課題。国民保護法などとの整合性が問題視されそうだ。
 メンバーは「わたしたちの運動は政治的な色彩を除外しており、保革を乗り越えて賛同してもらえると考えている」と強調した。
 要請には「無防備地域宣言・沖縄ネットワーク」(那覇市)の西岡信之事務局長も同席した。

---------------------------------------------------------------

2006年1月25日(水) 八重山毎日新聞

竹富町平和条例
3月末から署名活動へ
戦争マラリアにも言及

 「竹富町無防備平和条例をめざす会」(石原昌武代表)は二十三日夜、西表島で会合を開き、「竹富町平和条例」の条文について話し合った結果、太平洋戦争中に起きた戦争マラリアや爆撃によって生じた町民の死傷などに言及していくことになった。今後、三月二十七日から一カ月間の署名を経て、町が六月定例会で条例案を提案できるように取り組みを進めていく。
 同会では、町内の各島で署名への協力者を確保するため、公民館や町議、会員の知人らに条例案やチラシを郵送し、協力を呼びかけていく。西表島では八人程度の協力者を確保したという。
 条例案は二月末に決定したあと、町内の全戸にチラシや条例案を配り、条例制定への気運を高めたい考え。
 二十四日には、石原代表らが町役場で大盛武町長に会い、条例制定への協力を求めた。

投稿者 全国ネット : 01:38 | 報道 /| 新聞 /| 沖縄 /| 沖縄県竹富町