2005年07月27日

8/6無防備地域宣言運動シンポジウム(京都)

8月6日(土)に、京都で「無防備地域宣言運動シンポジウム」を開催します。
多くの方のご参加をお待ちしています。

          ~戦争のないまちづくりをめざして~
         8/6無防備地域宣言運動シンポジウム
         文化のまち京都から世界に平和を発信しよう

 軍備によってではなく、戦争に協力しないことによって、私たちの住む町の平和を創っていこうという運動が、今注目されています。昨年4月に大阪市から始まった無防備地域宣言をめざす運動は、北海道から沖縄まで20を超える自治体で、住民の地域ぐるみの運動として取り組まれつつあります。
 京都市でも、この秋の取り組みをめざし、準備が進められています。
 今回は、スイスから「脱軍事化を求める協会」のクリストフ・バルビーさんを迎え、シンポジウムを開催します。各地での無防備地域宣言をめざす直接請求署名運動の取り組みと意義を学べる機会です。ぜひご参加ください。

  • 日時 :2005年8月6日(土) 13時30分開場、14時開会
  • 場所 :京都アスニー(丸太町七本松、京都市中央図書館隣)
  • 参加費:500円
  • 主催 :無防備地域宣言をめざす京都市民の会
    (連絡先)〒600-8127
    京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地1のひとまち交流館2階京都市市民活動総合センター内
    電話:070-5658-4408(石田)
    E-mail :muboubi_kyoto@yahoo.co.jp

    【シンポジウム・パネラー】
  • クリストフ・バルビー(スイス)
    「軍隊のないスイス」をめざして実施された国民投票運動の提唱者の一人『脱軍事化と軍隊のない国家』著者。コスタリカ、モルジブなど国連加盟国中15%を占める27の非武装諸国が集まり、サミットに対抗するピース会議の開催や国際共同宣言を出す取組みを進めている。
  • 澤野義一
    無防備地域宣言をめざす京都市民の会呼びかけ人代表。大阪経済法科大学法学部教授。憲法、平和学の研究。京都市での無防備平和条例の意義について報告。
  • 豊田護
    週刊MDS記者。地方公務員。イラク戦争前後6回にわたりイラクを訪問。非暴力で占領と闘う市民レジスタンスを取材。

    【私たちは呼び掛けます】
    阿部ひろ江(シンガーソングライター、ギャラリー、エイコンズビレッジ経営)、岩佐英夫(弁護士)、宇山進(日本基督教団牧師)、谷本千里(カトリック信者)、河原よしみ(RAFIQ[在日難民との共生ネットワーク])木戸衛一(大阪大学教授)工藤美子(東西本願寺を結ぶ非戦平和共同行動)、小林聡(日本聖公会司祭)、澤野義一(大阪経済法科大学教授)、佐藤恵(カトリック正義と平和京都協議会)、島本須美子、末川清(立命館大学名誉教授)、鈴江敏郎(劇作家)、須田稔(国際人権活動日本委員会代表委員/非核の政府を求める京都の会常任世話人/憲法9条・メッセージ・プロジェクト事務局長/立命館大学名誉教授)、出口治男(弁護士)、戸塚悦朗(龍谷大学教授)、西野猛生(カトリック京都教区司祭)、野坂昭生(闘う国労闘争団を支援する京都の会会長)、朴鎭文(アジア文化センター)、橋本瑠璃子(カトリック正義と平和京都協議会)、服部待(守ろう憲法と平和京都ネット共同代表)、府上征三(洛陽教会牧師)、本庄豊(京都歴史教育者協議会事務局長)、村上聖子、山内敏弘(龍谷大学教授)  ※50音順、敬称略

チラシ PDF(262KB)

◎京都市無防備・平和都市条例(案)(Carlan's Dream 「小さな・メモ帳」より)
  http://carlandream.hp.infoseek.co.jp/peace/smallmemo.html

投稿者 全国ネット : 23:12 | 京都市 | トラックバック (1)

2005年06月27日

7/10綿井健陽さん講演「イラク戦争の真実」

7月10日に、アジアプレスの綿井健陽さんの講演会を、無防備地域宣言をめざす京都市民の会で以下のとおり行います。

◆綿井健陽さん講演「イラク戦争の真実」
  ~映画「Little Birds-イラク 戦火の家族たち」を完成して◆
   (PDF 58.5KB)
-------------------------------------------------------------

■7月10日(日) 午後2時~5時
■ひとまち交流館 大会議室(最大300席)
         河原町正面バス停前(河原町六条)
  地図:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
■参加費 一般1,000円 学生 500円


<おさそい>
 綿井健陽さんは、イラク戦争中バグダッド現地からのリポートで、たびたびテレビに登場し、ご存じの人も多いはず。あの綿井健陽さんが、イラク戦争の前・中・後を通して記録した、120時間に及ぶ映像を編集し、渾身のドキュメンタリーを完成させました。マスコミが伝えないイラク戦場の真実を、映像を交えてうかがいます。

<“Little Birds“のHPより >
「お父さん泣かないで、私たちは天国の鳥になりました」
 小さな墓標の裏に書かれたその言葉は、アリ・サクバンの子供たちが埋葬されるときに、それを手伝ってくれた人たちがそっと墓標の裏に書いたものだった。
 想像してみてほしい。「みんな鳥になって天国で飛んでいる」と、生き残った唯一の娘にいまも話す父親の無念さを。静かに、ただ一人で、「小さな鳥たち」の声をじっと聞いてほしい。
 (中略)そして、そこから、それぞれが出来ることを少しずつでもいい、始めてほしい。それがあの「イラク戦争」を支持した国に住む私たちが、彼らと同じ人間としてなすべきことだ。

<大阪での上映を見て・・・>
 バグダッドのロータリーに侵略軍が戦車で列をなして入ってくる。その戦車に向かって手製の抗議の紙をかざし,英語でさけびながら戦車のすぐ前まで向かっていくひとりの勇敢な若い女性がいる。「何人のこどもを殺したの?今すぐ病院に行って死んで行く人たちを見てこい!」この抗議の声につき動かされて綿井氏の取材が展開していく。
 この映画にはおせっかいなナレーションも,おもわせぶりな音楽もない。それが人間本来の感性を呼びもどすような説得力のある映像構成になっている。日本が戦争当事国となっている今,すべての人に見ていただきたい映画である。(たろじい)

■主催:無防備地域宣言をめざす京都市民の会
     イラク国際戦犯民衆法廷・京都の会
     ユースピースアクション☆京都  
■連絡・問合先:070-5658-4408(石田)

投稿者 全国ネット : 21:12 | 京都市 | トラックバック (0)

2005年05月30日

5/29『無防備地域をめざす京都市民の会』が発足

 5月29日(日)、京都で『無防備地域をめざす京都市民の会』結成集会が開催されました。
 京都新聞(写真入り)と毎日新聞に報道されています。

■京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005052900091&genre=K1&area=K10

-----5月30日付京都新聞より-----------------------------------

      「無防備地域」 京都で宣言を
         下京で市民の会を結成、初集会

無防備地域宣言を京都で目指そうと開かれた結成の集い(京都市下京区)

 戦争を行う軍隊や軍事施設を持たない「無防備地域宣言」を京都市で行おうと、市民の有志約50人が29日、「無防備地域をめざす京都市民の会」を結成し、下京区の「ひと・まち交流館京都」で初集会を開いた。

 「無防備地域宣言」は、戦争につながる一切の動きを拒否して平和都市を目指す運動で、昨年春ごろから大阪市や枚方市などで始まった。運動は全国に広がっており、京都市でも有事法制や国民保護法の対案として、取り組むことにしたという。

 結成の集いでは、澤野義一・大阪経済法科大教授が、運動の意義や進め方について講演。続いて京都市民の平和生存権や市の責務を定めた京都市無防備・平和都市条例案を参加者全員で採択した。今年10月末から約1カ月間、市内全域で署名活動を行ったあと、市議会での年内の決議を目指す。

■毎日新聞
http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2005/05/30/20050530ddlk26040210000c.html

-----5月30日付毎日新聞より-----------------------------------

 無防備地域:
 「平和都市・京都市で条例制定を」 実現目指し集会--下京区 /京都

 京都市を戦争拒否の町にして世界に平和を発信するため、ジュネーブ条約第1追加議定書で紛争当時国による武力攻撃を禁止している「無防備地域」の実現を目指す市民集会が29日、ひと・まち交流館京都(下京区)であり、市民ら約50人が参加した。

 同議定書では無防備地域の要件として、戦闘員と移動兵器が撤去されていること、固定した軍用施設が敵対的目的に使用されていないことなどを規定している。集会では、講師の澤野義一・大阪経済法科大教授が「現状の陸上自衛隊桂駐屯地(西京区)の存在は議定書の要件に抵触する」と説明。沖縄戦で多くの住民が犠牲になったことを振り返りながら、駐屯地の機能停止や撤去の措置、平和事業の推進など京都市の責務を盛り込んだ「無防備・平和都市条例」の制定こそ住民の平和的生存権を守る方法
だと訴えた。

 集会を主催した「無防備地域宣言をめざす京都市民の会」事務局長の石田哲夫さん(51)は「同条例制定を市に求める署名を集め、今秋の提出を目指したい」と話した。【松田栄二郎】

投稿者 全国ネット : 15:20 | 京都市 /| 報道 /| 新聞 | トラックバック (0)

2005年05月23日

5/29「無防備地域をめざす京都市民の会結成」のつどい

京都で、無防備地域をめざす市民の会が発足します。
ぜひ、ご参加ください。
 _________________________
 無防備地域宣言=一人一人が地域から平和を作りだす運動
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 無防備地域宣言の条例制定を求める直接請求署名は、東京都荒川区、神奈川県藤沢市で、いずれも法定数の3倍近い署名が集められました。
 戦争を拒否する町づくりをめざして、昨年4月に大阪市で開始された無防備地域宣言運動は、市民一人一人が地域から平和を作りだす運動として全国に広がっています。
 自衛隊がアフガニスタン、イラクに派兵され、国内でも改憲の動きが強まる中で、京都から世界に平和を発信していくため、無防備地域をめざす京都市民の会を結成します。ぜひご参加下さい。

     多くの文化をつくりだしてきた-京都
          武器ではなく『無防備』で世界へ伝えたい 平和のこころを
        「無防備地域をめざす京都市民の会結成」のつどい

     日 時  :5月29日(日) 午後1時半~
     ところ  :ひとまち交流館(河原町五条下ル東側)
     参加費 :500円
     主 催  :無防備地域をめざす京都市民の会(準備会)
     連絡先 :070-5658-4408(石田)

  [ プログラム ]
    1.みんなで無防備平和条例をつくろう
      無防備地域宣言運動の意義・内容・進め方について(講義・討議)
         講師 : 澤野義一(大阪経済法科大学教授)
    2.連帯のアピール
    3.歌とメッセージ
    4.呼びかけ人からのメッセージ
    5.京都市・京都府交渉の報告
    6.区ごとに分かれて討議

投稿者 全国ネット : 11:28 | 京都市 | トラックバック (0)

2005年03月31日

4/3無防備地域をめざす京都市民の会(準備会)結成集会

-主権在民を盾に、村民ぐるみで米軍基地を撤去させた沖縄・読谷村の経験に学ぶ-
4/3無防備地域をめざす京都市民の会(準備会)結成集会

  • 講演: 山内徳信さん
  • 日時: 4月3日(日)午後13:30(13:00開場)

  • 会場: 京都テルサ(近鉄東寺駅東5分、地下鉄九条駅西5分)

  • 参加費: 500円

  • 主催: 無防備地域をめざす京都府連絡会(準備会)

  • 連絡先: 070-5658-4408(石田)


▼無防備地域宣言=一人一人が地域から平和を作り出す運動▼
 無防備地域宣言の条例制定を求める直接請求署名は、東京都荒川区、神奈川県藤沢市で、いずれも法定数の3倍近い署名が集められ、議会での審議が行われます。
 戦争を拒否する町づくりをめざして、昨年4月に大阪市で開始された無防備地域宣言運動は、市民一人一人が地域から平和を作り出す運動として全国に広がっています。
 自衛隊がイラクに派兵され、国内でも改憲の動きが強まる中で、京都においても、この運動を進めていくため、無防備地域をめざす京都市民の会(準備会)を結成します。

▼基地の中に平和の森、文化センターをつくった~山内徳信さんの実践から学ぶ▼
 山内徳信さんは、6期23年半にわたって沖縄・読谷村の村長として、米軍基地返還闘争を闘ってこられました。米軍飛行場の中に運動広場や平和の森、さらには役場の新庁舎や文化センターなどを建設するという闘いを、村ぐるみで取り組んでこられたのです。
 その論拠は憲法の主権在民という思想でした。戦争のない平和な町づくりをめざす私たちを勇気づけるお話を聞きます。

投稿者 全国ネット : 21:54 | 京都市 | トラックバック (0)

2005年01月25日

1.30学習と講演のつどい(京都・洛西の会)

『非核平和・戦争非協力(無防備)都市条例の実現をめざす洛西の会』からのお知らせです。
直前の案内で申しわけありませんが、ぜひご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       1.30学習と講演のつどい
    『いま地域から戦争をとめる 無防備地域宣言とは?』
    講師 澤野義一氏(大阪経済法科大学教授 憲法学)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ■日時:1月30日(日)14時~16時30分

 ■場所:ラボール京都(京都労働者総合会館)
    (阪急西院駅から東へ徒歩5分)

 ■参加費:500円

 ■内容 : 『無防備地域宣言』についての学習

 いま、日本が再び「戦争をする国」になろうとしています。自衛隊はイラク占領軍に参加し、有事法制が制定され、憲法9条の改悪も狙われています。
 その中で私たち何ができるのでしょうか?
 実は、国際法であるジュネーブ条約に『無防 備地域宣言』という方法が定められています。ここに、武力に頼らずに住民 が自らの生命・財産を守るための方法、私たちの住む地域を戦場にしなくて もすむ方法が規定されているのです。
 今回は大阪経済法科大学の澤野教授に、『無防備地域宣言』について講演していただきます。

 ●連絡先:佐藤 satokazu@wave.plala.or.jp
             070-5664-2713

投稿者 全国ネット : 22:06 | 京都市 | トラックバック (0)